自然の創造

WWF自然保護区プレオラ湖とゴルギ・トンディは自然の宝庫です。好奇心を持ってよく観察してみると、その素晴らしさに気付かれる事でしょう。
この地域は雨と天候により土壌が陥没して出来たカルスト地形に、天然の池が形成された場所です。非常に魅力的な地域であり、この土地が持つ独特の風味をブドウに与えます。
ブドウ樹の列は、自然と共生しながら調和のとれた楽園で育てられています。 1年のうち時期によっては、鷺、沼地の鷹、野鴨などの希少生物なども見られます。
これらの生息地はその場所と気候、そして土地の活用の面でユニークな特徴があります。私たちはワイン造りに必要なエネルギーをまかなう為、クリーンエネルギーを採用し、持続可能な開発に成功しました。経済的節約を達成すると共に、地元の生態系を保護しています。

自然とあなた自身を尊重するワイン

 

環境に優しい姿勢は、サラ一家の企業ビジョンの根本的な要素となっています。環境の保護、環境保全性、生産チェーン全体への最大限の管理とケアによって、優れたワインが生産されるのです。単に土地を耕すだけでは不十分であり、それを尊重し大切に扱うことも重要です。私たちの土地はWWF自然保護区内に位置しており、それによって様々な恩恵を享受しているため、自然とそのバランスをないがしろにする事は出来ません。
この困難でありながらも健全なプロセスを通じて、私たちは高品質のブドウの生産に成功しています。化学物質や遺伝子組み換え生物の排除をしてこそ、伝統的で本物のブドウの風味を取り戻す事が出来ると、私たちは考えています。


実現された有機モデルは、ブドウと地球とのより深い関係をもたらし、最終的に生み出された製品の「特性」はその土壌、自然が持つすべての力の集大成なのです。

自然とあなた自身を尊重するワイン

 

環境に優しい姿勢は、サラ一家の企業ビジョンの根本的な要素となっています。環境の保護、環境保全性、生産チェーン全体への最大限の管理とケアによって、優れたワインが生産されるのです。単に土地を耕すだけでは不十分であり、それを尊重し大切に扱うことも重要です。私たちの土地はWWF自然保護区内に位置しており、それによって様々な恩恵を享受しているため、自然とそのバランスをないがしろにする事は出来ません。
この困難でありながらも健全なプロセスを通じて、私たちは高品質のブドウの生産に成功しています。化学物質や遺伝子組み換え生物の排除をしてこそ、伝統的で本物のブドウの風味を取り戻す事が出来ると、私たちは考えています。


実現された有機モデルは、ブドウと地球とのより深い関係をもたらし、最終的に生み出された製品の「特性」はその土壌、自然が持つすべての力の集大成なのです。

実現されたバイオモデルは、ブドウと地球とのより深い関係をもたらし、自然を表現することが自由であるときに自然が提供できるすべてのものを集める「典型性」をもって最終製品を特徴付ける。 人が地球を「強制」せずに彼女のために働いていれば、彼女は自発的に最高の果実を与えます。 Vivitis Bioは、自分の名前で人生の意味を強調し、文明の最も深い文化的なルーツを描いています:生きているラテン語(アクティブフォーム、現行の第二の複数の人物)

 

Gorghi Tondi – 持続可能性と有機的生産

Gorghi Tondiは、WWFによって保護されている自然保護区内で生まれ、緑の姿勢を生産ビジョンの主要な要素の1つにすることができました。一方で、環境を保護し、企業のインパクトが低く、エコサステナビリティ(生産チェーン全体の最大限の管理と配慮)が、優れたワインの生産の主な要因です。土地を耕すだけでなく、尊重することも十分です。この敬意と、その土地への愛から、シビリア伝統の大いなる代表者であるNero d’AvolaとGrilloの2つの天然葡萄であるVivitis Bioラインのワインが生まれます。最初のものはルビー色の濃い赤色で、スパイシーなミネラルやタバコの香りがしっとりとしたフルーティーな香りと味わいが柔らかくバランスのとれたタンニンで、香りと持続性が際立ちます。グリーヨは、フルーティーで白い桃の花のような音色で、緑がかった黄緑色の色で認識され、激しく永続的です。

2つのVivitis Bioワインは、生産段階で二酸化硫黄を添加していないため、それぞれのぶどうの生物学的農業起源だけでなく、それらは、ブドウと地球とのより深い関係につながるモデルの象徴であり、自然を表現することが自由に残されているときに自然が提供できるすべてを集める「典型性」の触媒です。人が地球を「強制」せずに彼女のために働いていれば、彼女は自発的に最高の果実を与えます。 Vivitis Bioは、自分の名前で人生の意味を強調し、文明の最も深い文化的なルーツを描いています:生きているラテン語(アクティブフォーム、現行の第二の複数の人物)
 

詳細を見る

Gorghi Tondi – 持続可能性と有機的生産

Gorghi Tondiは、WWFによって保護されている自然保護区内で生まれ、緑の姿勢を生産ビジョンの主要な要素の1つにすることができました。一方で、環境を保護し、企業のインパクトが低く、エコサステナビリティ(生産チェーン全体の最大限の管理と配慮)が、優れたワインの生産の主な要因です。土地を耕すだけでなく、尊重することも十分です。この敬意と、その土地への愛から、シビリア伝統の大いなる代表者であるNero d’AvolaとGrilloの2つの天然葡萄であるVivitis Bioラインのワインが生まれます。最初のものはルビー色の濃い赤色で、スパイシーなミネラルやタバコの香りがしっとりとしたフルーティーな香りと味わいが柔らかくバランスのとれたタンニンで、香りと持続性が際立ちます。グリーヨは、フルーティーで白い桃の花のような音色で、緑がかった黄緑色の色で認識され、激しく永続的です。

2つのVivitis Bioワインは、生産段階で二酸化硫黄を添加していないため、それぞれのぶどうの生物学的農業起源だけでなく、それらは、ブドウと地球とのより深い関係につながるモデルの象徴であり、自然を表現することが自由に残されているときに自然が提供できるすべてを集める「典型性」の触媒です。人が地球を「強制」せずに彼女のために働いていれば、彼女は自発的に最高の果実を与えます。 Vivitis Bioは、自分の名前で人生の意味を強調し、文明の最も深い文化的なルーツを描いています:生きているラテン語(アクティブフォーム、現行の第二の複数の人物)
 

Scopri di più